teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


CC7

 投稿者:たひら  投稿日:2011年10月 3日(月)01時35分42秒
返信・引用
  皆書いてるから便乗して。。。
1日目
スプリント
M21
…触れないでください

エクストラメニュー
根本的にスタミナ切れでスピードが出せなかった。パック集団についていけなくてダメダメ。それでも次の日の一走へのイメージがつかめたのは良かった。


CC7

関東…学連…?1走 12AY 3.9km ↑60m
25:34 巡航117.9 ミス率6.8

去年から続けて取り組んでる一走。
この規模だとスタポまで加速できないですね。笑
それもあってなかなか前に出られずトップ集団から20秒ほど遅れる。
2→3でパンチをするのにポストの前で15秒くらい待つ。この人数でユニット1つだったから凄まじかった。
8→9岡本さんとかとパックになる。ここはファシュタだったのだが岡本さんにつられて他のポストに。すぐにリロケできたのは収穫だったが少しだけロスが出てしまってパックからは離れてしまった。相手を追っているのだからもっと地図を読んでしっかりアタックするべきだったと思う。
その後は大きなミスはなく回り切る。トップスピードでは上の選手と遜色ないレベルで走れるけど、ナビゲーションが少し雑になったり維持しきれないのが課題だと実感した1走でした。

千葉大学5走 5P 2.9km ↑20m
16:29 巡航102.8 ミス率7.4
ひたすら直進。距離が短いからほぼ全力で走りきれると思ったので「直進の高速化」を意識した。そこそこスピードは出せたが今の段階でももっと出せるとは思う。一箇所ショートしてしまってそこで上位と離れたのは痛かったかも。ルックアップも意識してできたのは収穫。そしてラップを見たら森から出た舗装路がメッチャ遅かった。遅すぎて引いた。

だから疲れた状態で集中して地図を読み込んだりスピードを出す練習をもっとしよう。うん。

 
 

CC7@日光根室

 投稿者:KURA毛  投稿日:2011年10月 3日(月)01時03分47秒
返信・引用
  1走 12AX 4.0㎞ ↑60m

 全日本も踏まえて、自分から希望した1走。だけど1走の走りが全然できなかった。
 スタポの時点でかなり後ろにいて集団から離され気味だった。普段止まりまくるオリエンしかしてないから、脱出も遅いしチェックポイントでは止まらないと怖い。どんどん集団からはなされて、しまいに一人オリエンになった。
 縮尺が合わなくてオーバーランすることもあったが、それ以前にスピードが全く出せない。帰ってきた時体力は有り余ってる状態だったから、もっと走れたはずなのに。 13→14の単純な道走りで5分くらいツボったり、あり得ないミスも大分やらかした。
 今まで慎重重視でオリエンやってきたけど、スピード勝負の1走はそれだけじゃ駄目だなと思った。そろそろ1年生みたいな走り方から卒業しないと。地図読みも脱出も人より絶対的に遅すぎると痛感した。まぁ今日の場合はそれ以前の話だったけど。

あと夏休みほとんどトレしてなかった。オリエンから離れすぎてて今日は何だかよく分からなかった。
 

CC7

 投稿者:岩崎  投稿日:2011年10月 3日(月)00時04分58秒
返信・引用
  3走(PAL’S)
 急遽走らせてもらうことになった全国同期チーム。…はい、明らかに戦犯なタイムですね。自分の区間でトータスとW新見に抜かれてる…1・2走と4・5走でまくってるけど。
 1回目のビジュアルがまじで…パックでついて行くのに手一杯になってる辺り走力の無さが。そしてつられて90度違う方向へと。でも明らかに違う方向に向かっているのに気付いても10秒程度悩んでしまっているのがやっぱり自分の弱点。パックになったときに自分のルートに切り替えきれていない。あとは距離感。歩測の有効活用が出来てない。普段から全て地形で取って距離合わせているから、こういう地形が少なくて藪だけっていう状況になったときに対応しきれない。最近、ちょくちょく走り方が変わっていて、特に怪我明けてからは走り方が安定していないから一度トラックで歩測ゲージを作りなおした方が良いな…。
 練習メニューに、というか誰かが言ってた限りでは日常生活でも、歩測を使う習慣を。と。

 レース展開としては、7ポぐらいまでトータスB、東北大A、W新見と団子。ただ丸山登りで体力切れ。9ポの脱出あたりで完全に離される。うーん…ここについて行けてたらまた違った展開になっていただろうに。パックだと巡航が段違いだし。おいて行かれる大きな要因は単純に巡航なんだけど、このぐらいの長さのレッグの連続なら脱出の速度を上げて、走りながらの地図読みがもっとしっかり出来れば大きく離されはしない…かな。やっぱりスプリントだなー。というかここのメンツに競れないとICLは…。
 あ、離された後はぐだって終わった←


 7走(千葉大)
 …体力無いな自分。正直スプリントの連続がここまで足に来るとは思ってなかった訳だけど、同じような事してんのは他にも結構いるんだよね。
 (言い訳すると)3走走ってからの7走は、切り替えが難しかった。序盤はもっと安牌できっかり直進して行くべきだったのに、突っ走れば何とかなるだろというラフさ。3ポで見事にファシュタに引っかかりましたとさ。ここで1:30、続く3→4でショートして、あげく隣ポにつられ30の計2分ミス。致命傷。2→3は確定点が少ないから最初から直進か、道を出来るだけ引っ張ってレッグ線と道の交わる曲がり辺りでアタックするべきだった。4ポは歩測は厳しいから最初から奥の沢を捉えるようルックアップしてアタックするべきだったのかな。ここで茨城に追いつかれて、かなり焦った。けどまぁ、普通にミスらなければ問題無いだろうと腹をくくって。そんなことしてる間に山オリエンの間隔を取り戻して。ただし丸山登りで死んだが。モウアシガウゴカナイヨ。
 その後は特に大きなミスは無く…かな?ただ単純におっせーけど。藪切るにも足上がらないし、ダッシュしようとしたら足つりかけたし。ひたすら一様なペースで直進。

 …二日で18kmオリエンしたら膝がじくじく痛みますよっと。様子見つつ体幹トレと…心肺機能ってどうすればいいかな。水泳かな。
 

山スペ

 投稿者:岩崎  投稿日:2011年10月 2日(日)23時07分8秒
返信・引用
   …巡航おっそいなぁ。だからといってミス率がそこまで低いわけでもなく。
 久しぶりのスプリントでしたが、距離感がダメダメです。3ポが上手く取れているのは奇跡。
 全体的な反省としては、一番は巡航。ぜんぜん走り切れてないし、息切れがひどい。心肺機能が弱いのと、ロングに向けてスピトレをさぼりすぎて巡航が上げられてない。
 次に、パーク部分と山部分の切り替えが出来てない。2→3の最後とか、7→8とかは道から外れた時点からファインに行くべき所だし。地図読みもとろいし大事なところが読み切れてない、ルックアップがぜんぜん足りてない。テレインの中心のオープンを常に念頭に入れておけばその距離感でかなり楽に走れたはず。

 とりあえず10月のトレは地図読み走+スピトレ中心かな。持久力は今からじゃ高が知れているし。あとは、お絵かきOかな。誰かやろうぜといいたいけれど教育実習なのでした…。あ、反省してるときにお絵かき反省とかありかな。
 

JC大会・のこちば戦・ときわ走林会ウィンターキャンプ

 投稿者:岩崎  投稿日:2011年 1月31日(月)21時52分47秒
返信・引用
  まとまったアナリシス書く時間がなーいー…
授業中とかにちまちま書いてたまとめ的なもの↓

巡航10%程度の差を埋めるために:
・大きなミスを無くす
 ⇒危険予測
  ⇒テレインの特徴に合った危険性を考える
 ⇒現地把握
  ⇒リロケートO@東北大学のように、通過した地形、特徴物をメモリーする。
   歩測が可能であれば、とりあえずかけておく。
   ⇒ミスしたとき、自分のいる可能性のある位置の半径を小さくする。

・手続きの高速化:
 ⇒止まらないプランニング
  ⇒オリエンテーリングのPDCサイクル@ときわ走林会ウィンターキャンプ
   参考資料:鈴木康史さん・オリエンテーリングのエッセンス⑦
        http://matsuyama.cool.ne.jp/orienteering/ko-shi/ko-shi.html
  ⇒自分が止まってしまうのはどんな時か?
   ⇒脱出の時
    ⇒ポストを取る一呼吸前に先読み出来ていれば、高速に行える。大雑把なプランニングだけでも。
   ⇒分岐など、コンパスを振る必要のあるとき
    ⇒止まるべき
   ⇒不安になったとき。
    ⇒これをいかに減らすか
     地図のイメージと風景を一致させながら走る
     =地図を大雑把に頭に叩き込んでから、あとはルックアップして走る
     現地からどのように見えるのか。
     ⇒近い、深い、藪に阻まれて見えない、広い、…
   ⇒効率的な地図読み
    ⇒地図を読む時間を可能な限り減らし、ルックアップして走る
    ⇒必要な特徴物から順に拾っていく。
     必要な特徴物だけを"正確に"拾えれば理論上は行ける
     ⇒副次的に見える特徴物を繋いで走る
    ⇒テレイン研究
     テレインによって使いやすい特徴物は違う。
    ⇒"正確に"拾うには?
     計曲線の利用、自分の通りたい位置を中心にした地図読み
     ⇒上下幅、距離、角度、視界の広さ、…

・スピードコントロール
 ⇒△→1からトップギアに持って行けるか?
  ⇒バテないギアの入れ方を考える
 ⇒ダウンヒルの高速化
  ⇒どこまで下りて良いのか?ストップをしっかりと考える。
 ⇒登り終わりからの走り出し
  ⇒気力を振り絞って最初からスピードを出していく。出だしが鈍いと後も鈍い。
 ⇒絶対に見える特徴物があるのなら、そこまでは何も考えず走る

・ラフ&ファイン
 ⇒ファインに行くべきもの
  ⇒パラレルの恐れのある線状特徴物
   点状特徴物
   緩い地形
   高さによって見える特徴物が違ってくるコンタリング
   分岐の入り組んだ道
   ラス1個前→ラスポ→ゴール
 ⇒ラフに行って良いもの
  ⇒ストップのある線状特徴物
   エイミングオフ
   ⇒絶対見えるものでストップがかけられればOK

自分の走力、自信、地図読み速度etc…と相談だけど、全部上手くやれてようやくリレーで上位チームに食らいついて行けるか?
という程度だから…あともう一月程度しかないので、現状課題を絞ると、
・テレイン研究
⇒どんな動きをするべきかのルーチンワーク作り
・ルックアップ
⇒特徴物を見るという強い意識を持つ。見た上で、可能な限り止まらず次を見る。

個々人課題はスピードだったり地図読みだったりミスだったり、差があると思いますが、頑張りましょう。。。一度課題を書き出すと良いと思います…ありすぎて凹むけど。
 

上野河原杯

 投稿者:加賀谷  投稿日:2011年 1月17日(月)14時04分44秒
返信・引用
  ひとつのレックで8分つぼりは酷いね。
レース中の地図読みの時間がやはり不足気味。
次回は平井だから落ち着いた地図読みが必要かもしれない。
 

日和田山

 投稿者:岩崎  投稿日:2011年 1月15日(土)16時57分40秒
返信・引用
  とにかく走れない。そしてフラットなテレインのクセと距離感で走ってしまい、コンタリングでショートしたり、大きく道を回るルートが見えていなかったり。
JCも道が発達してはいるが、大きな山塊のあるテレインなので、距離感を上手く取り戻さないといけない。
その後のさんぶ・蓮沼・日光例幣使・日光和泉はまた距離感を直さないとならないので、切り替えをしっかりと。
 

パーク&上谷

 投稿者:岩崎  投稿日:2011年 1月 9日(日)22時44分53秒
返信・引用
  埼玉パークOシリーズ第五戦@みさと公園
 とりあえず半端なく感覚合わない。道のランクがそもそもパークに調整出来てなかったり、水系の幅を見間違い距離感を失い。
…一番悪いのは、パークだから手続きを簡略に簡略にとやろうとしすぎて、脱出方向が甘いまま走り出してしまうことが多かったこと。いくら早くと行ったってスピードについて行けないで走ろうとするのはオリエンじゃない。。。

慶東工戦@上谷
 いや、むずいって。
ただ、今回のミスの原因は、地形がまったく見えてないこと。広い沢だ!とか、ここは緩くなる傾斜変換だ!とか読めてはいるのに、ヤブに巻かれて方向と距離感を失って、現地が曖昧。地形を見てリロケートしようとするも、獣道をランクの低い道と見間違えてしまったりとか。傾斜変換は変化が緩やかで確信を持てなかったり。AヤブとBヤブの区別が付かなかったり。
何より自分のコンタリング性能の低さに泣いた。課題の多く残るレースでした。

具体的なアナリシスはまたラップが上がったら書こうと思います。
 

ミドルセレ

 投稿者:加賀谷  投稿日:2010年12月20日(月)12時30分52秒
返信・引用
    5.0km 210m
 プレ→△
いつもスタートまでに地図を読むのだが、今回はスピードを意識してみた。
スタートで止まって地図を読んだほうが効率がいい気がする。
 △→1
しっかりとアップしていたのと、下り坂から始まっていい滑り出しが出来た。
 1→2 ミス10秒
鞍部を抜けるはずがピークの方に走っていた。ちょっと勿体無い。
 3→4 ミス1:47
3ポから水渓を渡って進んだのだが、湿地とハッチに阻まれて全然スピードが上がらなかった。
問題は4ポ付近。道の分岐からBヤブに沿って登って行ったのは良かった。
地図のヤブが正確だったので正面のBヤブを巻いてアタックをしたのだが、地図を読み間違えて沢の上を通り過ぎてしまった。
登りの後は意識がとんでしまう。気をつけなければ…。
 4→5 ミス30秒
てきとーな脱出。結局何度も地図を見る羽目に。
その後も鞍部を越えた先の尾根としか考えておらず、道が見えてなかった。遅い。
 5→7 ミス20秒
ショートレック。グダグダ感が否めない。ショートレックとはいえもう少し地図読みに時間を割けば良かった。
 7→8 ミス30秒
道のダッシュが遅い。体力はあったが、自信を出せなかった。
自分を抜いた前の人は立禁に突っ込んでいったが、自分もついていこうとしてしまった。
立禁には入らなかったが、自分のルートプランが立っていない証拠である。
 8→9 ミス18秒
Dヤブを切っていったが、あまり良いタイムが出なかった。
最初の脱出方向を北西に出たのが大きいか?
あとは斜面をもう少し速く下りたい。
 9→10 ミス1秒
自信があったが、ミスタイムは+だった。ゴミの山を切るのが少し遅かったか。
 12→14 ミス1:05
地形を読み切れていないために別の沢に突っ込んでしまった。
単純に正置が足りなかった。
 14→16
周りの人のスピードに合わせて走ってしまった。
そこは走らないと。。。
 総評
自分への甘さが出た走りだった。
とりあえず地図読みではなくメモリーで補う悪い癖を部内杯では治したい。
 

全日本スプリント

 投稿者:加賀谷  投稿日:2010年12月17日(金)15時21分27秒
返信・引用
     ひたち海浜公園 2.3km 75m
実は公式大会で初めてラップ一位をとりました。
ラスポゴールが一位なのは何かの間違いだと思う(汗
 △→4
しっかり道を走ればどうということはなかった。
 4→5 ミス14秒
見切り発車からの戸惑いによる遅れと切るべき地形を切らなかったことによるミス。
 5→6
地図上の岩崖を飛び越えただけあって速かった。
 6→7 ミス11秒
プログラムにも書いてあった建物だと気づくのが少し遅かった。
 7→8
これも見切り発車。たまたまうまくいったものの、やはり一位の人とは20秒差をつけられている。
あと階段を下りるのが遅かったw
 8→11
ここから砂丘テレイン。あまりのギャップに気持ちを切り替えきれなかった。
ウインドウOのように直進と周りの地形をすぐにとらえられればうまくいけたと思う。
初砂丘は難度が高かった。
 11→12 ミス44秒
隣ポに警戒しすぎてポスト番号を読み間違えるミス。
いい加減直らないものか…。
 12→13
謎の一位レック。その前のレックで力を蓄えていたのは言うまでもないwww
まあ切り替えはうまくいったと思う。
 13→14 ミス58秒
尾根を右から巻いてしまいレック線方向に直進。焦り過ぎ。
切り替えがうまくいかなかったパターン…
沢から攻めれば簡単だった。
 14→15
地図の見すぎでスピードが落ちていた。公園での地図の読み方も考え物である。
 15→◎
問題の場所w力がうまく力が出し切れていなかったのか?

ナビゲーションが問われるコースでとても面白かった。
ミドルセレも道走りはこの調子でいきたい。
 

レンタル掲示板
/13