teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


映画のことなど ・・・

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年12月 3日(土)22時13分54秒
  昔の映画を、もう1度よく見直してみるのは面白い。
 「いいな」と思っていた映画が案外つまらなかったり ・・・
 「たいしたことない」と思っていたのが案外よかったりする。
 これは何も映画には限らない。
 昔「いいな」と思っていた人が案外つまらなかったり ・・・
 「いやなヤツだ」と思っていた人が案外よかったりすることもある。
 映画といえば、下のような映画をもう1度じっくりと観てみたい。
 「海底の黄金」 ・・・
 これはたしかリチャード・イーガンにジェーン・ラッセル出演だったかな?
 主題曲が「セレソ・ローサ」 ・・・ ペレス・プラード楽団も出ていたのだ。
 「地獄と高潮」
 これはリチャード・ウィドマーク主演の潜水艦映画だ。観てみたいものだが ・・・
 「紅の翼」 ・・・ ジョン・ウェイン主演の飛行機事故の話だったと思う。
 あと ・・・
 「平和の谷」だ。
 これは主題曲が素晴らしかった。黒人の誰かが主人公で ・・・
 もうすっかり思い出せないが、とにかく素晴らしい映画であった。
 他にも幾つかある。
 組曲「グランド:キャニオン」を、全曲を流しながら大峡谷を映してくれるのだ。
 それに「アニマル・セックス」 ・・・
 ありあとあらゆる動物たちの愛の営みを見せてくれるのだ。
 エロ映画のようでエロ映画でないところが実に良かった。
 あと「皇帝円舞曲」も良かったな。
 フランツ・リストを描いた「愛の終わり」だったか、あれも良かったなァ!
 上記の映画を死ぬまでにもう1度だけ観てみたいもんだ!
 わっはっは!
 
 
 

風の中で

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年11月16日(水)05時39分7秒
編集済
 

昨日、夕暮れのこと、風が大変強くて、我が家の庭の柿の木の葉っぱが音を立てながら散って
きたのです。
で、もうすぐ二歳になる幼子を手押しの三輪車に乗せて公園へ行きました。近くの公園は大樹が
何本もある大きな公園なので、樹木の揺れている様を見せようと思ったのです。

夕暮れ時の薄暗さとあいまって、大樹は大空に黒々と枝を広げていました。風が吹くたびに
その枝が左右に揺れてざわめくように唸り、しなった梢から多くの葉っぱを散らしてきました。
まるでおとぎの国の魔法使いがうなり声を出しているようでした。

ひとしきり私は三輪車の横に座り込んで、二人して空で揺れている枝枝と風の唸りを聞いていました。
言葉を話せない幼児は身を潜めるような感じです。三輪車のフードを自ら押し下げて葉が顔に
あたるのを防いでいました。

風の唸りは怖いようでもあり、また何かを語りかけているようでもあり、渦の中にいるのはしばし
我を忘れさせるものがありました。街に住んでいると自然とのかかわりは希薄になります。

こうした木枯らしのような風の唸り、落ち葉の乱舞は強烈に自然の営みを感じさせてくれます。
私が幼い時、広い近江平野で感じた台風時の風の唸りとはまた違うものですが、幼子の脳裏に
この景色をとどめてもらいたいと思ったものでした。




 

〇ん〇ん〇ん

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年10月17日(月)00時17分7秒
  トンキン湾  親近感  人民軍  アンパンマン  アンポンタン  安心感  三万円
万金丹  新婚さん  天津飯  神前婚  三文判  新人戦  感染源  香港元
新聞店  山陰線  参院選  チンプンカン  審判員  三分間  三単現  ガン検診
三本線  妊娠腺  阪神間  民間人  玄関番  運転人  阪神ファン  電源盤
ワンタンメン  四万円  板門店  新幹線  トンチンカン  専門員  キンコンカン
伝言板  漸近線  三番館  キントン雲  安全ピン  安近短  担担麵  専門店
                                  (ETC)
  
 

時が露わにしたこと

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年10月 8日(土)08時47分17秒
編集済
 

ここ数年間の心の中でくすぶっていた事案は二つありました。
その一つは解決しました。 もう一つはまだ解決に至っていません。
この事案が私の最強のストレスだったのだと思います。

様々な苦難には自分の事であれば、それをバネに立ち向かっていく事ができるのですが、
自分の事でない事案に対しては気を揉むばかりで解決の方向が定められないからです。

ケ・セラ・セラ、なるようにしかならないからと友達からもアドバイスされていた
のですが…。世の中の不条理、信頼の失墜、真心を込めて応対してきても、どうにも
ならない事もあるのですね。

そんなこんなを考えていたら、末弟から連絡がありました。
母が存命中に父の残した田畑は長男の名義に変更してありましたが、その弟が死亡し、
兄弟姉妹が遺産相続する事になったのです。


私は結婚していますし、以前にもその土地に関しては母からの依頼で遺産放棄していたのです。
今度は未婚の弟だったので継ぐ人がなく、残り4人での代襲相続となりました。
亡き父母に、ほかに子どもがいないかとの確認で、亡き父母の生い立ちから結婚、子どもの
有無まで司法書士が調べてくれました。

なんと、母に結婚歴がある事がわかりました。半年ほどで離婚に至っていていました。
生前その事を母は一言も口にしませんでした。なんでも話してくれていた私にすらです。
離婚の事は墓場まで持っていったのです。

最初、そこに娘がいたとの話でした。電話で弟から聞いた時は胸がドキドキしました。
欲しかった姉さんがいる……と。そして、亡き母が結婚していた所は、我が家の得意先の
ある所、そして私が趣味で会合にでかけていた所でした。なんというご縁でしょう。

6人の子育てで苦労した母が生き返って来たような気分でした。そのお姉さんは死んでいる
らしいとの弟の言葉、お姉さんのお墓参りに行きたいなあと話していたのですが。

戸籍を取り寄せてもらったのを見ると、どこにも母が産んだ娘の記載はありませんでした。

でも、なにか心が温まりました。母の青春時代、どんな人と結婚していたのでしょう。
なぜ離婚してのだろうかと、母の越し方を思うと、在りし日の母の姿が思い出されて
胸が温かくなりました。機会があればその村にそっと行って、家や相手の人を見てみたいと
いう思いにとりつかれています。

父の名義のままであったなら、このような事態にはならなかったのでしょうが……。
長男の名義になっていたので、遠方の戸籍謄本を取らねばならなくなり、母が隠していた
事柄が白日のもとにさらされてしまいました。

ちなみに亡くなった娘は私たちの妹で中学生の頃に亡くなりました。司法書士さんが弟に
話した時に弟が誤解したようでした。

末弟も私も一度母が嫁いだ村へ行ってみたいなぁと、用事で電話をする度に話しています。



 

9月になると ・・・

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 9月 4日(日)01時24分11秒
  9月になると ・・・ 僕は映画「旅愁」を想い出します。
 もう古い映画で ・・・ 主演はジョセフ・コットン、ジョーン・フォンテン ・・・
 乗っていた飛行機が墜落してしまい ・・・
 全員が死亡したはずなのに ・・・
 実は、ある男女が、その飛行機に乗っていなかった。
 つまりその二人はもう死んだことになっていたのでした。
 そんな二人が ・・・
 フィレンツェで新しい生活を始めるというストーリーです。
 男性はただ今、妻との離婚を検討中 ・・・
 女性は有名なピアニスト ・・・
 この映画では、たしかラフマニノフのピアノ協奏曲が使われていました。
 ところで、この映画に挿入されていたのが、あの有名な「9月の歌」で ・・・
 英語では「SEPTEMBER SONG」です。
   Oh! it's a long long while from May to December
      But the days grow short when you reach September ...
                                          (以下略)
 僕はこの歌が大好きで ・・・
 いつもこの季節になると歌うのです、この歌を ・・・
 今日も、つい先刻、歌いました(笑)





 

 立秋

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 8月15日(月)00時32分54秒
編集済
 

立秋の声を聞いてから、朝夕の空気がひんやりとしてきました。
昼間はびっくりするほどの猛暑ですが、洛北は夜にはひんやりとした風が通り抜けていきます。
桜の木にやってくる蝉も、時々ツクツクボーシと鳴くのがいます。なんだか秋の感じなのです。

向日葵も咲ききってあとは種を大きくするするばかりです。今年の夏はほんとうに暑いでした。
庭のあちこちに花が咲いています。種を蒔いたり、苗から育てたのもあるのですが、去年の
零れ種からの自生している花もあります。玄関前には今まで見たことがない花が咲きました。

とても小さい花がついています。葉の形が雑草ではなさそうだったので抜かずにいました。
蒔いた記憶のない花が咲くとなんだか嬉しいです。空からのプレゼントのような気がします。
三日ほど前、近くの田んぼに大量の蜻蛉が発生して、少し実を結びかけた稲の上を旋回して
いました。



 

お盆が近づくと ・・・

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 8月10日(水)01時32分54秒
  小さい頃はお盆がくると嬉しかった。
 あのホオズキの赤い実の色との思い出も懐かしい。(あれは実なのか? 花なのか?)
 お盆が過ぎてから海に泳ぎに行くと ・・・
 クラゲにやられるといわれて怖かった思い出もある(笑)
 あれ? いったい何を書きたかったのかな?
 わっはっは ・・・ 忘れた!

 とにかく今日はもう10日だ。
 もうそろそろ、たまに涼しい風が吹いてもよさそうなのに ・・・
 今年の暑さはまだ頑固に続いている。
 まだ赤トンボの姿も見えないしね。

 今日の高校野球は和歌山代表の市立和歌山高校が ・・・
 石川の代表で、たしか星陵とかいう高校と試合をするのだと思いますが ・・・
 僕はせがれと100円の賭けをしました。
 ただしもし和歌山が勝てば、せがれから1000円もらえるのです(笑)
 へんな賭けでしょ(わっはっは)

 今夜ふとしたことから「1京」という数字のことを知った。
 「1京」って10の16乗なのだそうですが ・・・
 書けばこうなります。
   10、000、000、000、000、000
 なお、世界のアリの数は、その「1京」だということで ・・・
 世界の人間の数はおよそ73億人だとか ・・・
 書けばこうなるのかな?
            7、300、000、000
 やっぱりアリの方が圧倒的に多いようですね~(笑)





 
 

 義理の叔母

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 8月 2日(火)18時21分8秒
編集済
 

義理の叔母が92歳でこの世を去った。
33歳の時、夫を病で亡くした。叔父は35歳だった。
その時、小学校一年生を頭に三人の子どもがいた。

女手ひとつで三人の子どもを育てあげた。親孝行な三人の子どもだった。
長男の子ども(孫)達は東京のテレビ局、パイロット、神戸大学…。
数年前に叔母を尋ねた時、そう話していた。

その時、私は三女を連れていったのだが、三番目の孫にその三女を嫁にほしいと言われた。
親戚としてずっと付き合って行きたいからとそういう理由だった。
「今時は恋愛結婚が主流だから、お孫さんにもきっと付き合っている人がいると思うわ」と
私はそう言ってやんわりとお断りした。


お葬式の時、三番目の孫が先月結婚したばかりだと聞いた。叔母も喜んだ事だろう。
うっすらと叔父の顔が浮かんだ。私にとっては、叔父よりも義理の叔母のほうが縁が深い。
花一杯の立派なお葬式だった。

棺の中の義叔母は92歳なのに60代のような美しい顔をしていた。
従妹が「口紅は私が塗ってあげたんや」と言った。

2ヶ月前、叔母に会った時は大変元気で、編み物をしていて、私にも冬用のソックスと
大根を干物にしたものをくれた。まだまだ長生きしそうだったのに、心臓弁膜症が悪化しての
急変だという。

私の母より一歳したの義叔母、私の母より20年長生きした。外から見れば波乱万丈のようだが、
概して幸福な人生だったのではなかろうかと、化粧された顔をみて思った。





 

不易流行

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 7月29日(金)10時26分11秒
 

俳句と連歌をしていますが、俳句の先生がいつも「不易流行」という事を言っていました。
フエキのりは、この熟語から取ったらしいです。
小学生の頃は緑のプラスティックの入れ物に入っていましたよね。

連歌は数年前に行われた京都での「国民文化祭」に応募した時、北野天満宮さんの神楽殿で
連歌会をしました。その時愛媛の会の方から誘われて、以来ずっとネットで参加しています。

連歌…和歌なので、大和言葉を駆使しての歌づくりです。
年代もそう変わらない方々なのと、古語辞典などを繰りながら、順番をこなしています。
良ければ、また、覗きに来てください。



松山暮色
http://blogs.yahoo.co.jp/jmym0323/folder/1252333.html

記録
http://8705.teacup.com/kaguyahime/bbs





 

青い月影

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 7月24日(日)00時27分16秒
  ロス・トレス・ディアマンテス(三つのダイヤモンド)が歌う「青い月影」という曲。
 僕がそれを聴いたのは、もうざっと50年ほども前のことかな?
 いや、まだそんなにならないか!?
 とにかく、もうかなり遠い昔のことである。

 あの頃はとても素晴らしい曲だと思った。
 今でも「YOU-TUBE」で聴けるので ・・・ 聴いても ・・・
 あの頃の感動はもう感じられない。
 なぜだろう?

 時代が変わったからか?
 僕の好みが変わったからか?
 僕が年をとったからか?
 それとも、もっと別の理由からか? ・・・ わからない。

 でも、そんなことって、よくあるよね。
 音楽とかに限らず、色んなことに、それはあるよね。
 やっぱり「不変」なんて、単に言葉だけのことなのかなァ ・・・



 
 

三葉虫の小型の虫

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 7月 5日(火)06時17分49秒
編集済
 

近所の田んぼに三葉虫の小型の虫が泳いでいるのです。
あちこちの田んぼを覗いてみましたが、その田んぼだけに毎年泳いでいます。

冬の間は冬眠しているのでしょうか?
小学生のこどもがじっと覗き込んでいる時もあります。

追記

今、ネット検索をしましたら、どうやら、カブトエビのようです。 でも不思議…。


 

小赤、9匹死にました!

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 6月21日(火)00時50分28秒
  原因はよく分からないのですが ・・・ 小赤、9匹も死にました。
 生き残っているのは、フナみたいなのがたったの1匹です。
 ただしメダカは2匹とも元気です。

 水槽が淋しくなったので ・・・
 エンゼルフィッシュ(エンジェルフィッシュ)2匹と ・・・
 頭の部分が赤く全身が白いのを(名前は知らない)を3匹とを ・・・
 買ってきて一緒に飼っています。

 この小さなサカナ達の動きを見ているととても癒されます。
 毎日ちょっとずつですがエサを与えています。
 今日は水槽の上にLEDライトをつけてやりました。
 水槽を置いている我が家の窓辺だけが今の我が家の動的な部分です(笑)

 おっと、インコのピッピくんのことを書くのを忘れてた。
 ピッピくん、ひとりでよく喋ってくれています。
 なかなか陽気で明るい鳥です(笑)
 

めだか & 小赤

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 6月 7日(火)23時37分32秒
  近所の小川(ドブといった方がいいのかな?)でメダカを掬ってきました。
 たしか10匹ほど掬ったのですが、家に帰ったらもう2匹しか生きていなかった~

 あわてて水槽のセットを980円で買ってきて ・・・
 どうにか2匹の生命を救うことができました。
 でも、2匹では何だか淋しいので ・・・
 今度はペット・ショップへ行き ・・・
 安い値段のサカナ(淡水魚)はないかなと探したら ・・・
 「小赤」と書かれた金魚のようなサカナが売られていて ・・・
 それを10匹買いました。
 値段はなんと10匹で188円でした。
 安いでしょう?(笑)

 でもその「小赤」たちはとても可愛いのです。
 お店の人は「これは大きなサカナたちのエサなのですよ」と言ってました。
 そうだったんだ! いつかは食われてしまうのを ・・・
 僕は買ってきて、それを飼っているんだ。
 これって ・・・ 僕は ・・・ 救い主?
 わっはっは~
 

スーパーマーズ

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 6月 1日(水)18時38分14秒
  昨夜は夜空が雲ばっかりで、火星は見えなかったけど ・・・
 今夜は、今のところ(午後6時)、空は雲ひとつないので ・・・
 きっと(スーパー火星が)見えると思う。
 僕は毎晩のように星を眺めているけど ・・・
 その理由は ・・・
 星を見るというよりは ・・・
 星を見つづけていると眼がよく見えるようになるというからだ。
 何しろ幾つになっても ・・・
 車はもちろんだが ・・・
 せめてバイクだけは乗っていたいからだ。
 バイクに乗れなくなったら ・・・
 毎日がどんなにつまらなくなることか ・・・
 というわけで ・・・
 眼をよくするために、星を眺めているのです(笑)
 

呑気症について

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 5月28日(土)01時49分9秒
  呑気症(どんきしょう)ってご存じですか?
 空気嚥下症(くうきえんげしょう)ともいうそうですが ・・・
 要するに、体内に入った空気が ・・・
 正常に出ず、ゲップとかになる病気です。
 僕は今そいつで悩んでいます。
 同じ病気で、10年ほど前にはずいぶん苦しみました。
 その時は漢方薬で治ったのですが ・・・
 今また再発した(「また」は要らんか!)らしいのです。
 この病気の原因はストレスが多いとそうなるのだとか ・・・
 ストレスなんて誰にでもありますよね~~~~ェ(笑)
 もしどなたか、治し方を知ってたら教えて!
 (もちろんお医者さんには行っていますが治らないのです)
 
 

滋賀県を取り上げる

 投稿者:湖守  投稿日:2016年 5月23日(月)10時21分27秒
  認知度が低く、県名を「近江県」になんて変な案がありましたが、意外と鉄道番組、旅番組では

取り上げています。

昨日も深夜に放送していましたタモリ氏の番組では京阪電鉄京津線の電車を貸し切り出演者一同

大騒ぎしていました。大谷駅の勾配のすごさ、逢坂山トンネルを降りたところから続く急こう配

4両の電車が路面を走る。次週は比叡山に向かう予告画面が流れていましたから石坂が紹介され

ると思います。

鉄道で旅する番組では、近江鉄道が2回、湖西線が2回取り上げられました。また、火野正平さ

んの自転車での旅では滋賀県一周されていました。

バラエティ番組では滋賀県をからかう事が多くてうんざりします。車のナンバーは「ゲジゲジナ

ンバー」と揶揄されます。「滋賀ナンバーの車を見れば煽ります」と京都の若者の発言を取り上

げていました。

注目されることが少ない滋賀県ですが住めば都なのですが。



 

滋賀県

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 5月21日(土)05時50分8秒
編集済
 

この頃、滋賀県がテレビに出てくるのが多いですね。
朝のテレビ朝日の10時からと午後のサスペンスのドラマ、大体が京都なんですが、
この頃は滋賀県が多いです。

京都や滋賀が出ると内容にかかわらずずっと見てしまいます。風景や建物、懐かしさで
いっぱいです。

以前、文化の事で特集があった時、ピアノの保有率が近畿では高かったのです。でも
しっかり弾く事では下位だったような……。
一応は弾ける、家にはピアノがある……、電気製品と同じ扱いなのかなって思った事が
あります。

滋賀県は教育熱は高かったですね。この頃はどうなんでしょう。
過日は、滋賀県議が暴言を吐いたとかで、テレビをにぎわしていましたが、先輩は真面目な
人だから、あんなに人から悪口言われる事はないと、旧友から電話がかかってました。

以前からマスコミはあまり信用していません。なんでもセンセーショナルに取りあげて煽る
だけですから。
勝てば官軍みたいな所ありますよね。あの高校も負けていればニュースにならなかったかも、
と家人が言ってました。

「まけろ」と「まけるぞ」の違いだと思いますが……(笑)

その後、タレントと歌手の不倫騒ぎであっと言う間に終息しました。昔は人の噂も75日
と言いましたが、この頃は三週間で終了ですね。(笑)


 

田舎

 投稿者:湖守  投稿日:2016年 5月11日(水)13時56分56秒
  我が家の周りも田圃があります。蛙の鳴き声が賑やかでs。都会育ちの息子の嫁&息子の長女は

驚くかなと思います。

ところで、以前バラエティ番組で滋賀県湖北地方を柔道家の篠原氏が歩いていました。集団下校

中の小学生に出会った篠原氏、「家に帰ったらどうして遊ぶの」と質問。小学生の答えは「Yo

uTubeを見ます」篠原氏唖然。
 

蛙の合唱団

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 5月 9日(月)11時25分42秒
編集済
 

一昨日に近所の田んぼに水が入った。その日の夜から、蛙の合唱が始まった。
田舎育ちの私には蛙の声は癒しをくれる合唱団である。しかし、昨年の一月に生まれた一歳
三ヶ月の孫には癒しではなく得体の知れないモノの恐怖であるらしい。

蛙が鳴き出した夕方に田んぼのふちへ連れて行って、ゲロゲロだよって教えた。しばらくじ
っと夕暮れの田んぼを見つめていた孫、不意に恐怖の顔になって家に帰ろうと、言葉は話せ
ないので逃げる態度をする。田んぼを見てすぐに家の方向へ顔を回す。それを何度か繰り返
して泣きべそをかきだした。

ピアノを弾く娘に蛙が鳴き出したからお泊りしにおいで、と電話で言ったら、煩くて眠れな
いから嫌…と言った。
外国人が秋の虫の声をノイズだと言うのは良く言われるけれど、日本人である娘たちが同じ
ようにノイズと感じるなんて、私には理解ができない。

娘たちは京都の住宅地のど真ん中で育ったので、蛙の声を聞いて育ってはいない。だからな
のかな…と私が勝手に言い訳している。もしも、琵琶湖に生息する牛蛙を連れて来たら、悲
鳴をあげるのだろうか。




 

けなす男

 投稿者:湖守  投稿日:2016年 5月 4日(水)16時27分42秒
  昨日、ガソリンスタンドでカワサキのオートバイを見掛けた。それで思い出した。このメーカが

嫌いな男がいたことを。私の身内がカワサキのオートバイに乗っていると伝えたところ、「カワ

サキは金出して買うものではない」とのお言葉を頂いた。

気の毒になった。カワサキは船、鉄道車両のメーカーでもある。その全てに乗ることができない

なんて。私がニッサンの大衆車に乗っていると伝えたところ、ニッサンの悪口も言い出した。だ

からニッサンのタクシーなんかは乗車しないのだろうな。

小遣いを貯めて憧れのニコンの一眼レフを購入した。「ニコンの一眼レフを買う位なら、コンパ

クトカメラの方がはるかにまし」と騒いだ男がいた。

カワサキとニッサン、ニコンの一眼レフをけなした二人の男に共通するのは癖があること。過去

にカワサキに乗っていた、ニッサンに乗っていた、ニコンの一眼レフを使っていた女性に手痛く

失恋した過去をお持ちなのかなと思った。そうでなければそこまでけなさないだろうと思った。
 

黄金週間

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 4月30日(土)19時27分4秒
編集済
 

巷間ではゴールデンウィークで人によっては10連休の人もあるとか……。
友達も、昨日朝、LINEに「ロシアへ行ってきます」と言う文言が入れてくれていた。
私がそれに気づいた時にはもう二時間後だったので、
「行ってらっしゃい、楽しみですね~」
とコメントしたのだが、既読にはならなかった。

きっともう日本を脱出していて、スマホの機能を機内設定にしたのだろうと思う。
毎月どこかへ旅をしている親友なのだが、国内にいないとなると余計に話したくなる。
お互いを尊重しあっているので、友達としての距離感が絶妙な相手なのである。

いつ帰ってくるのかもわからないけれど、オランダ・ベルギーへ行く予定は聞いて
いたのだが、ベルギーでのテロがあったのと、お客様が来るので行かなくなったと
言っていた。だから突然なようでもあるのだが、やはり予定変更しながら外国へ
きっちり行ったのだなと思う。

「足腰がしっかりしている間、行ける時に行きたい所へ行く……」、それが今の彼女の
生き方。うん、私もそうはしたいのだが。



 

 孫

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 4月16日(土)11時32分6秒
編集済
 


>K原S平氏…
家人の仕事について行く時、カーラジオから相方とのやりとりが流れてきます。
少し偏っているなと思う事もありますが、面白い話もあって時間のたつのを忘れますね。

小説実作教室に通っていた頃、同時に俳句も習っていました。
師曰く、「不倫と孫の事は書かないように」。
俳句で孫を読むと川柳になるとおっしゃっていました。

孫は目に入れても痛くないと言われますが、私は孫命で生きていく事はできません。
どんなに大事に遊んであげても、孫は最後にはママの懐へ帰っていきますから。
独占欲の強い私には孫遊びはできないのです。

わが妹は孫命の人で、土日には孫を集めて琵琶湖大橋のピエリへ連れて行ったりして
楽しんでいるようです。五人も車に乗せてよう行くなぁと私は感心するばかりです。

私はもう充分子育てもしたし、これから私の自由時間と思っていたのですが、ひょんな
事から孫と同居することになり、疲れ満載です。
私が子育てした頃とは育児も医療も格段にちがいますので、なるべく口を出さないように
しています。口を出して反論されるとストレスになりますから。

そんなわけで自由時間を謳歌したいと思ってはいるのですが、なかなか難しいです。
子どもは核家族で育てるより、大家族で育てたほうが良いと言うのが私の持論ですが、
そこにはいろんな軋轢が生じてくるようです。

ぼちぼちやるしかないですよね。出かけたい時には出かけるようにしています。



 

公私混同

 投稿者:湖守  投稿日:2016年 4月 8日(金)10時44分11秒
  毎週水曜日と木曜日の午後、ABCラジオでK原S平氏の番組が放送されている。楽しい番組

なのでよく聞いている。その番組の中で彼の孫の話題がよく出ている。最近はしつこいので飽き

つつある。

先日ついに彼はやらかした。彼の孫3名を出演させ歌を披露させた。彼の周囲の人々は楽しいだ

ろ。しかし、赤の他人の私にとっては下手くそな子供の歌を聞かされたのである。公共の電波を

使って自分の孫の歌を流す彼の考え方にはついていけなくなった。リスナーが一人減った。
 

わっはっは!(笑)

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 4月 6日(水)00時59分34秒
  自分を「若いと考える」のはとてもいいことだと思います。
 僕なんか、自分を「まだ20歳ぐらいの青年」なのだと考えています(笑)
 恋もしますしプラモデルもつくります。
 石原裕次郎くんは、飛行機をずいぶんつくったそうですが ・・・
 彼の場合は、プラモデルではなくて、本当に木を削ってつくったのだそうです。
 僕の場合、外見や体力的には、たしかにもう後期老齢者ですが ・・・
 精神的には、まだまだ青年です。いや「若者」です(笑)
 「いつ死ぬのかな?」なんて考えません。
 「その時」がきたら、それを簡単に受け入れるだけです、わっはっは!
 お散歩するのにいい季節になりました。
 今日はおよそ6000歩ほど歩いてきました。
 大年神社の境内では櫻が真っ盛りでした。
 さてと ・・・
 今日も平和でした。
 「僕ァ、しあわせだなァ」(笑)

 

四月になりました。

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 4月 5日(火)09時26分53秒
編集済
 

四月は私の誕生月です。庭の桜が満開になりました。
誕生石はダイヤモンド……、宝石のような人生が送れたかな?って時々考えるようになりま
した。

歳をとる…義父は私が嫁いできた時は83歳でした。矍鑠(かくしゃく)としていて、毎日
外出をしていました。
結婚した時、義父母、夫、私の4名で温泉旅行に行ったのですが、泊まった旅館で女将さん
が挨拶に来られ、「お孫さまとご一緒の旅行、素晴らしいですね」との言葉。
義父は笑顔で頷いていましたが、女将さんが出て行った後、「親子やのに、失礼やな」と、
私を見てにやっと笑いながら言いました。

その義父は泊まる旅館ごとに、宿帳に73歳と書いていました。私が「あれ?」いぶかしそ
うに言うと、「当年とって〇〇歳言うやろ」とのこと。当年=10年、なんですって。だか
らいつまでも若々しく元気だったのでしょうね。自分の年齢より10歳若く生きていたので
しょうね。



 

3月(さんがつ)も終わるのか・・・

 投稿者:倉田てんぐ  投稿日:2016年 3月31日(木)00時33分48秒
  長く感じられた冬もようやく終わり ・・・
          明日で3月(さんがつ)も終わる。
 長く生きていると ・・・
 あと何度「春」を迎えることができるのだろうなどと考える。
 僕は「春」が大好きだ。
 そして春になると、必ず聴くのが、イヴァノビッチの「ドナウ河のさざ波」だ。
    ♪ 月は霞む春の夜 岸辺の櫻風に舞い ・・・
 こんな歌詞で、昔、この曲を(学校で)教えてもらった。
 あの頃がすごく懐かしい。
 ところで ・・・
 明日は「真田庵」を訪れようと思っている。
 家から車で1時間半ぐらいか ・・・
 「真田ミュージアム」もOPENしたのだそうで ・・・
 NHKの大河ドラマ「真田丸」 ・・・
 今のところなかなか面白い!
 いつになったら、真田親子が和歌山へ来るのかと楽しみだ。
 さて ・・・
 今夜はドビュッシーの「月の光」でも聴きながら寝るか!



 
 

裏アカウント その二

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 3月30日(水)09時40分0秒
編集済
 


今、話題になっている乙武洋匡氏の裏アカウントもその類かもしれません。彼がどれほど
パソコンの操作が出来るのか私には見当もつきませんが、外には見えないようにしている
自分のページが簡単に人に見られるなんて事は思いもしていないでしょう。

信頼をしている業者に任せて作ってもらったかもしれませんが、いつかはオープンになる
事はこの世の習いです。絶対という事はないのですから。

彼がした事は不倫、その歴史を残したかったのでしょうか……。愚かな事です。
清廉潔白で人のためにと彼は活躍していたのですが、その裏で人を裏切る行為を重ねてきて
いたのです。人気や信頼が一瞬にして奈落の底に落ちていきました。

人はみな心がありますから、不倫、倫ならぬ恋に身を焼く事もあるでしょうが、それを乗り
越えてこそ大人であると思うのです。人を泣かせると必ず自身も泣く時がくる、人を恨まば
穴二つ…という諺がありますが、そのの通りです。

参院選出馬も取りやめになり、テレビなどのオファーも減ってきているとあります。
メディアの取り上げ方はいつもそうですが、山の上に導きそこから一気に崖下に突き落とし
落とした後は、死者に鞭打つような報道を重ねます。業界では彼のやっていた事は周知の
事実だったとの事ですが、その時点で彼がやっている事を修正できなかったかと思います。

彼の著作本が580万部売れ、推定5億という印税が入ったとか。お金があればこその彼の
活動だったのかもしれません。

以前「お金は邪魔にはならないのよ」と知人から聞いた事がありますが、彼の場合、悪しき
道へといざなったのでしょうね。











 

裏アカウント その一

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 3月30日(水)09時32分41秒
編集済
 


もう10年以上前になるでしょうか……。HPを作るのが流行りました。
ネットで友達になった人が写真や絵、エッセイなどのページをコンテンツにして興味ある
HPを作っていました。

あなたのも作ってあげましょう……とあちこちからお声もかかりましたが、いくらネットで
仲良くしていても実際のお方と会った事もないので柔らかくお断りをしていました。

いつか自力で自分のHPを作るぞ……と、それが私の励みでした。
その頃、ある掲示板のサブ管理人を任せて貰う事になりました。詩や歌や俳句を投稿して
いた掲示板なのですが、間違って投稿したり、荒らしが来たりしていたので、それを削除
したりする管理人です。

パスワードを教えてもらい、フルタイム(笑)の主婦でしたので、時間がある時はネット
接続をして楽しんでいたのです。ネットの世界では匿名性もあって、相手を高く評価し素
敵な人だと幻想する場面が多くありました。

数人でするチャットの世界はその最たるもので、日本に限らず世界の人とも一瞬にして繋が
る事ができるのは素晴らしいことでした。パソコンの画面上で恋をしてしまう方もいて、
嫉妬や僻みが渦巻いていがみ合いになる事もしばしばでした。

少女たちがするように陰口になったり、貶めたり、それはリアル以上の世界でした。キータ
ッチが速い人、ジョークが冴えて耳目を集める人、画面につむぎだされる言葉がその人の
聡明さを感じさせられる……、まあ、その反対の人もいましたが。

チャットが始まった初期の頃は、パソコンを操る人もそこそこ知識のある人、仕事で携わっ
ている人などで、チャットも知的な遊びだと思われましたが、数年が過ぎ、誰でもキータッ
チができるようになり、ネットの怖さも知らない人が増えてくるにつれて、出会いだけを求
める人も多くなり、誰と誰がリアルにあってこんな被害が増えた…などの風聞も漏れ聞くよ
うになりました。

チャットだけでその人を判断するのは難しいです。やはりHPなどを見、その人の考えや普
段の生活がきちんと予想できるようになれば安心でした。それでも故意にHPで演技をされ
ると騙されてしまいますが……。

チャットで誰かと恋仲にされて、異常な嫉妬をされ、会話をしている画面に悪戯、罵詈雑言
を書かれる事態にも遭遇しました。その延長で掲示板も荒らされた事があります。
自分の掲示板を作るまで2年間はネットとパソコンについての勉強をしました。リアルで
教えてくれる人もあり、また、HP作成の講習会にも出かけました。

ある日、チャットの世界で人気のあった男性のHPについて、あれこれを知る機会がありま
した。彼の素晴らしいHPのアカウントから、その人が作ってあげているHPがわかりまし
た。そしてその彼の表には出ない秘密の掲示板を知ることになったのです。

そこには彼に送られた多くの女性の写真が名前とともに掲示されていました。中にはあられ
もない声や容姿の写真もありました。チャットで知っている多くの女性が彼に写真を送って
いました。びっくりしました。蒐集のページでした。本人にとっては友達との楽しい思い出
を記録にしただけなのかもしれませんが……。




 

倫子先生

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 3月28日(月)09時54分44秒
編集済
 

「倫子」と書いて「みちこ」と読む名前を持った先生に小学校四年生の時、担任をもってもらった。
お寺のお嬢さんで大学を出てすぐの先生だった。教え方はあまり上手ではなかったけれど、
夏休みには有志の子どもたちを琵琶湖の水泳場へ連れていってくれる子ども好きな先生だった。

その日は真っ白なレースのワンピースに日傘をさしておられた。ワンピースはその頃流行の
フレアースカートで、風が吹くたびに揺れていて夢のような気分になったものだ。
こんなにきれいな先生と一緒なんだと道々通る村の人達に挨拶をされる先生をみて誇らしい
気分になっていた。

今は事故などの加減で、夏休みに担任の先生がどこかへ連れて行くことはなくなっているが
その頃はあまりやかましくなかった。
少し音痴でオルガンを弾くのもお上手でなかったが、一生懸命教えてくださる様子にがんばって
勉強をしたものである。

先生は如何なされているだろうか。長らく独身だったのでお尋ねするのを躊躇している間に私は
京都に住みなれてしまって、風の便りに先生の事を聞くばかりになった。大家族の中でもまれて
いる間に無沙汰を重ねてしまっている。

年明けから不倫不倫とかまびすしい。結婚とは互いの貞操を守るのが義務なのだが、昨今の
テレビなどの影響か不倫に走る人が多い。昔からあったのだろうが、今のようにメディアが
発達していなかった頃なので、世間に知れ渡る事はなかったのかもしれない。

自分の名前が良からぬ事象で多用されて、先生はきっと嘆かわしく思っておられる事だろう。



 

  Kindle 自分の小説を販売

 投稿者: 櫻子  投稿日:2016年 3月15日(火)06時18分39秒
編集済
 


過日、Amazonを検索していましたら、この掲示板に移行する前の「みんなの掲示板」で
投稿して下さっていた方が、作品を電子書籍として販売をしているのを見つけました。

紙による出版は時間がかかりますが、電子書籍だと48時間以内に販売されるそうです。
作品をお持ちの方は電子書籍として販売されてみてはいかがでしょうか。


自分の小説の価格は自分で決めて販売できるようです。なかなか面白そうでした。
詳細は、Amazon Kindle で検索してみてください。





 

レンタル掲示板
/12