teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


志乃ちゃんは、自分の名前が言えない

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 2月 7日(火)18時48分54秒
  こういう作品が、ドラマ化されれば、吃音者の苦しみも分かってくれるだろうに。  
 

新年

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 1月 8日(日)19時37分27秒
   謹賀新年

  今年もよろしくお願い致します。
 

良いお年をお迎えください

 投稿者:SHU  投稿日:2016年12月29日(木)14時39分6秒
   時折、おじゃまして投稿させて頂きました。

 管理人様、お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

 それでは、よいお年をお迎えください。
 

克服

 投稿者:ホリケン†彼女が夢  投稿日:2016年12月21日(水)12時32分43秒
編集済
  こんにちは。お久しぶりです。忘年会の話題が出てるのかな?と思い覗いてみました。

下記の方が吃音は治すよりも克服だと思います。とありますが、僕もそう思います。発生練習や薬で治すとかありますが、吃音は精神的なものなので、調子が良くても吃る時は吃ります。(笑)

吃るものの電話が出来るようになった・吃っても気にしない自分になった等でも良いと思います。因みに、吃音といはう言葉は認知度は低いですが、吃りは割りと認知度はあります(ノ´∀`*)
 

SHUさんへ

 投稿者:小さな丸  投稿日:2016年12月10日(土)20時27分38秒
  お身体大丈夫でしょうか。
とても心配です。
どうか、無理されませんよう、
お大事にして下さい。

治りましたら、また、
ゆっくり、お話頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

 

(無題)

 投稿者:さかき  投稿日:2016年12月 9日(金)22時22分8秒
  ご無沙汰しております(とは言っても参加しててたのは4-5年前ですが(笑))

定期的に掲示板は拝見させて頂いてます。
参加していた頃は様々な方から助言を頂き
そのお陰で今の自分があると言っても過言ではないと思っております。

もしオンリーや忘年会など有れば久々に参加してみたいと思っておりますので、もし機会がありましたらよろしくお願いします(それとは別にオッサンでもいいので単純に飲みたいという方がいれば大歓迎ですが(笑))







 

小さな丸さんへ

 投稿者:SHU  投稿日:2016年12月 4日(日)10時57分57秒
編集済
   お久しぶりです。
体調の方はいかがですか。
 健康を取り戻されましたか。

 私は、原因不明の「めまい」で、二年間、
体調不良で、明日倒れるかもわからないという、不安を
抱えて生活していました。
 ただ、65才で仕事を廃業した後だったのが幸いでしたが。

 日常生活の中で、吃音で悩むことは少なくなりましたが、
今朝も娘と話をしていて、話しづらい言葉になると、自分から
目をそらしてしまう自分がいて、完治、未だならず、というわけです。

 投稿は、ずっと続けてゆくつもりですので、これからもよろしく。

http://

 

SHUさんへ

 投稿者:小さな丸  投稿日:2016年12月 3日(土)19時30分39秒
  ご無沙汰しております。
小さな丸です。

小倉さんの番組、見たかったです。
残念です。
再放送があれば良いのですが...
 

インタビュー

 投稿者:のりやす  投稿日:2016年10月17日(月)17時05分8秒
  SHU様、初めまして。

インタビューの番組は録画ていましたか?
 

ザ・インタビュ-

 投稿者:SHU  投稿日:2016年10月17日(月)07時35分56秒
   小倉智明さん出演の番組を見ました。
小倉さんの吃音人生については、よく知られているとおりですが、
 あらためて、印象に残った事を書いてみます。

 自分で吃音を治そうと決心して、やってみて気付いたこと。
「作った声で話すと、吃らない。例えば、ものまねなど」

 現在
「今でも吃音は治っていない。治らないです。」
「女房と日常の会話をしていたり、無防備にマネ-ジャ-と話している時、
もう駄目なんです。」

 アナウンサ-として、テレビ東京に入社した時も、吃音の症状を
抱えていました。それも、季節によって、言えない言葉が変わった。
 競馬中継に、入社一年目に抜擢されたとき、ある方法で吃音を
克服しました。
 それは、言いづらい言葉の前に修飾語をつけて話すことでした。
それによって、場面の風景も豊かになって、評判も良くなった。

 みんな、個々に工夫して自分の話し方を確立しているんですね。
吃音は、「治す」ではなく「克服」がいいようです。

 (上記は、ぼくの吃音・どもり研究への投稿文と同じものです)
 

レンタル掲示板
/129