teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


目指せ! 歌うドラマー♪

 投稿者:ojai_girl  投稿日:2006年 5月15日(月)11時18分30秒
  holy-ghost さん、

>POCOのHPには歌詞とコードをDL出来るところ

当サイトからも、リンクを貼っていますが、スウェーデンの Torb さんのサイトに、歌詞と、コードが充実してます。

http://82.182.182.163/poco/

ここから、ずんずん入っていって、メインページの左側にある、ドロップダウンリストから

Chords (コード)  Lyrics (歌詞) を選んでいただければ、行けます。

ドラムの練習、がんばってくださいね。報告、楽しみにしています。
 
 

??歳の手習い

 投稿者:holy-ghost  投稿日:2006年 5月14日(日)13時59分28秒
  2回目の書き込みさせていただきます。
何年か前のPOCOのHPには歌詞とコードをDL出来るところが
有ったはずなのですが、いつ頃からか無くなってしまったようです。
まだ有って そこをご存じの方がいらっしゃいましたら お教えください。
この年にして あこがれのドラムを習おうと 音楽教室に通うことにしました。
ジョージ・グランサム目指して 頑張ります。
妻には ボケ防止のため? と言われましたが・・・。
 

POCONUTSへの道 Vol. 1+1/2

 投稿者:timmyfreak  投稿日:2006年 5月12日(金)15時40分37秒
  >ojai_girl さま

今度は見ることができました。
ありがとうございました。
PC内のRasty記念館のようでした。
 

timmyfreak さま

 投稿者:ojai_girl  投稿日:2006年 5月 1日(月)11時22分3秒
  >timmyfreak さま

興味深い書き込み、ありがとうございます。

>POCONUTSへの道のりは遠い。(!?)

そんなことは無いですよぉ。じゃ、とりあえず、

http://www.angelfire.com/music4/rustyyoung/

ここから、Photo Gallery のところに行って、ずぅっと見てみてください。(彼女のサイトは重いので、時間が掛かるかもしれません)

確かに、本家、poconut.com の ページを見ると、日本人と思しき方の写真が、何枚か登場しますよね。実は、その方がどなたなのか、私たちも存じ上げておりません。名乗り出て下さるのを、楽しみにしているのだけれど。 ”Collection”のページに、1990年の来日時の資料を、いくつかアップしていますが、来日予定メンバーに Paulの名前があって (ご存知のように、実際は、来日していませんが) あれは、何だったんだ、と、よく話題になるんです。ご存知の方に聞いてみたいです。

Inamorata のコーラス参加の件も、おもしろい話題ですね。文字で書いてあるものを探すのも良いですが、耳でじっくりと聞いてみて、考えてみる、っていうのも、楽しい作業です。 Pickin' Up The Pieces の ベース、どれが、Randyで、どれが、Jimmyか、なんていうのも、面白い話題ですよね。

質問、ご意見、交えて、いろいろと、聞いてみて、書き込んでいただけるとうれしいです。
 

G to C & POCONUTSへの道 Vol. 1

 投稿者:timmyfreak  投稿日:2006年 4月27日(木)18時14分23秒
  >J-BOYさま
丁寧なレスを有難うございます。
成る程と思いました。
リッチーたちのいい発想でしたね。
折角、売れてきた名に限りなく(視覚的にも聴覚的にも)近づけたのだから。
それにしても回答が早いBBSだ!

>ojai_girlさま
早速のレス有難うございます。
その日のみという命名の話は、
生き生きとした若かった彼らの姿を彷彿とさせるエピソードですね!
ところで、POGO=オポッサムは、ディズニーランドのビッグサンダーマウンテン内の
コース上にぶら下がっている奴らしいです。
見たような、見なかったような・・・。

Historyを読みました。
「No Nukes」での Heart Of The Nightは当方にとって、
宝物のようなライヴバージョンです。
その「No Nukes」では一曲だけかと思っていました。
そんなに披露していたとは。
当方そのビデオを持っていますが、Pocoの影すら見ることはできません。
貴重な情報を有難うございます。

アメリカのPoco オフィシァルサイトの中を見てみました。
'90 大阪公演時のポスターがありました。
急に日本語が飛び込んできて驚きました。
誰が保管していたのでしょう?

Vividからの三枚の情報も有難うございます。
Inamorataは、当方のお気に入りです。
ところでティモシーはどの曲に参加しているか、
公式に発表されているのですか?
当方が推察するには、Save A Corner Of Your Heartが怪しいと。
コーラスをつけているのが彼のような気がします。

さて写真のことですが、ナオミさんに疎まれているような・・・。
だめでした。
What should I do ?
POCONUTSへの道のりは遠い。(!?)
 

WB盤とオフ

 投稿者:Poco_Riders  投稿日:2006年 4月27日(木)00時29分57秒
  >J-BOYさん
ご無沙汰しております。当方私事都合により潜行中ですが、
米板のhiroさんスレ(Tim鷲で幸せ?)のRESに溜飲が下がりました。

さて、ヴィヴィドの3枚は、お察しの通り日本語のライナーが
封入された国内仕様のWB輸入盤で、リマスター盤ではありません。
私が横RESの訳はSHOPで現物をお手に取っていただければおわかりかと(含笑)

ちなみにヴィヴィドでは、今後もPoco周辺の音源を
国内で発売する計画が予定されているようです。

>皆さま
オフ企画につきましては、都内週末での開催ではありますが、
遠方から高い交通費をかけてもご満足いただけるような内容を
検討中ですので、もうしばらくお待ちいただけますでしょうか?
詳細が決定しましたら、このBBSでもご案内いたします。
 

POCO再発

 投稿者:J-BOY  投稿日:2006年 4月26日(水)00時08分15秒
  >ohaj_girlさま

このVividから再発になった3枚ってWounded Birdから出ているのと同じものですか、それとも日本で独自にリマスターとかしたものですか?
 

盛り上がってますね。

 投稿者:リッチー  投稿日:2006年 4月25日(火)00時59分17秒
  ご無沙汰しています。リッチーです。
皆さん、盛り上がってますね。
ついつい、興奮して、夜中にBBSしちゃいます。

>ojai_girlさま

盛り上がっているようですので、またオフ会やりたいですね。
最近、ポコ専用のDVDコンボ買いました。レパートリーはまだ2枚です。

>ポコリンpapaさま

当方も50代で、古参だけが自慢のポコ一筋男です。
当方も高校時代にデリバリンとの出会いで、ポコリンpapaさまと同じような
経験をした者です。当方の場合は、ラスティのスチールにも憧れて、学生時代に
当時のお金で30万はたいて本物のペダルスチールを買ってしまった超オタクです。
ちなみに、ほとんど観賞用でしたが。先日実家中探し回りましたが、
どこにもありませんでした。お母さん、あの、スチールギターどこへいって
しまったんですか。

>カバやん さま

ご無沙汰しています。リッチーです。
また、オフ会でお会いしたいですね。

>白井さま

最近、ライブ行けなくてすいません。
新しいレパートリーも増えてらっしゃるとのことで次回は、必ず、行きますから。
ポコ業界の、末席の一人として、小生は、キャリコレディーが大好きです。
難題ですいません。
あと、やっぱり、サックス?無しでラスティーのスチールをメインに演奏して
いるハートオブザナイトも最高ですね。前回のオフ会でojai_girlさまに
見せていただいた演奏です。
次回のライブ、楽しみにしています。
 

みんなあわせて、POCONUTSです!

 投稿者:ojai_girl  投稿日:2006年 4月24日(月)11時40分45秒
  みなさま、いろいろと書き込みありがとうございます。
ポコリンpapaさん、いらっしゃいませ。

このサイト運営チーム(pocommitteeと呼んでおります。現在7名います。)の一人、ojai_girlと申します。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

News(Pickin' Up the Pieces) のページ で、ご紹介しておりますが、Cantamos, Ghost Town, Inamorata の3枚が、新しい帯、新しいライナーが付いて店頭発売されました。私も、この週末に入手しましたが、以前持っていたCDに比べ、Cantamos は、LPジャケを、写真ですが、再現していたり、Ghost Town と、Inamorata も、2-in 1で無い分、それぞれの、アルバムの違いを楽しめるものになっています。

Inamorata ですが、Rusty と、Paul が中心になっている時代のアルバムですが、Richie, Tim, Georgeが、バックボーカルで参加しています。その他のメンバーですが、プロデューサーの交代劇にからんで、下記のようないきさつがあったようです。 弊サイトの Hisotry Poco #7 from March 1980 to 1984 とあわせて、ご覧下さい。 (thanks to Nose Of Cimarron)

--------------

最初にプロデュースを担当したRichard LandisがCharlie HarrisonとSteve Chapmanをクビにした時点で完成していたベーシック・トラックからCharlieのベース・パートを差し替えた為、Steveのみがクレジットされています。ベースの差し替えは有名なセッション・プレーヤー、Neil Stubenhausが担当しました。またこの後のセッション(Joe Chiccarelliがプロデュース)ではドラムにSting等とのセッションでも知られるVinnie Colaiutaが参加、またキーボードにも元Oingo Boingoのメンバー、Richard GibbsとLAのセッション・プレイヤー、Randy Kerberが参加、この時点ではKim Bullardもレコーディングには参加していないようです。

まとめると:
Basic Tracks With Richard Landis
Paul Cotton
Rusty Young
Kim Bullard
Steve Chapman
Charlie Harrison ー>Neil Stubenhausに差し替え

Basic Tracks With Joe Chiccarelli
Paul Cotton
Rusty Young
Richard Gibbs
Randy Kerber
Vinnie Colaiuta
Neil Stubenhaus

Overdub
Richie Furay
Timothy B. Schmit
George Grantham
Richard Gibbs
Steve Foreman


新しい3枚の発売元は、こちらになります。
http://www.vividsound.co.jp/index.php
 

POCOシンドローム?

 投稿者:ポコリンpapaメール  投稿日:2006年 4月23日(日)23時20分22秒
  POCOシンドローム?
「POCO」は30年前私がエレキチ(気が触れたようにエレキギター弾く子)の頃、ロックバンドで結局コピー(演奏)することができなかったグループでした。でその悔しさの表れか猫の名前が「ポコ」、メールアドレスもpocoの文字が入っています。そして私はポコリンpapaと呼ばれる50代の親父です。恥ずかしながら投稿しましたが、わたしも高校の時に当時のFM放送でPOCOの曲を初めて聴き、ガーン!と身が奮え虜となった一人です。みなさんよろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/45