teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


「ままへ。いきてるといいね。おげんきですか。」

 投稿者:のきさる  投稿日:2011年 3月31日(木)14時55分43秒
  http://alfalfalfa.com/archives/2860085.html  
 

語尾に「ズ」をつければなんでもバンド名っぽく聞こえるシリーズその1

 投稿者:のきさる  投稿日:2011年 2月17日(木)17時37分55秒
  指示待ち人間ズ  

いいたいことが『10』あるなら、それをとにかく『1』にしぼって伝える。

 投稿者:のきさる  投稿日:2011年 1月17日(月)22時51分13秒
編集済
  糸井重里



最近

「これが生きがいだよ」とか言うけど、
人生って、そんなものをわざわざ作らなきゃいけないほど生きづらいものなのだろうか

と思う。

そんなの嫌だな。
特に生きがいという生きがいはないけど毎日楽しいな。
と思う人になりたい。

と思う。


のだけど


そんな人はほんとに楽しい人生を送っているのだろうか

とも思う。


問いかけで終わる文章は嫌いだが
これ以上言おうとすると100になるまで終わらなそうだ。

と、思う。
 

人生は遊び場よ

 投稿者:のきさる  投稿日:2010年11月 2日(火)17時20分43秒
  イエスマン

色即是空色即是空
 

僕なりの愛ですわい

 投稿者:のきさる  投稿日:2010年 7月 2日(金)18時11分59秒
  そんな汚いもんいらん

森見登美彦「四畳半神話体系」


読んでしばらく経ってからの方が円熟味がましますわい
 

人にできて、きみだけにできないなんてことあるもんか

 投稿者:のきさる  投稿日:2010年 6月20日(日)13時02分50秒
  ドラえもん  

人生のしかるべき時期に節度を持って学ぶなら、哲学はかわいいおもちゃだ

 投稿者:のきさる  投稿日:2010年 6月 4日(金)17時12分7秒
編集済
  ソクラテスの友人、カリクレス

前々回で、ソクラテスに哲学なんてやめろと言った人物

「人生のしかるべき時期に節度を持って学ぶなら、哲学はかわいいおもちゃだ
しかし、節度を超えて哲学を追求するなら破滅する。私の助言を聞きなさい。

議論を捨てよ、行動的な人生の成果を学べ。
気の利いたへりくつに時間を費やしている人ではなく、
善良な生活と評判と、他の多くの恵みを持っている人を手本にせよ。」


ちなみに
「懐疑主義は理性の休息所である」といったのはカント


学問は楽しいよ。
さあ、門の外から望遠鏡でおいしいとこだけつまみ見て
頭良くなったつもりになろう。
 

エレファントマン

 投稿者:のきさる  投稿日:2010年 6月 4日(金)17時06分26秒
  もし私が巨大で塔に触れることが出来たとしても
あるいは手のひらで海を掴むことが出来たとしても
私は精神によって測られるべきである
精神こそが、人間のもの差しなのだから

ジョセフ・メリック


参考:http://anima.x51.org/x/the_unclassifiable/joseph_merrick.php

なんだか久しぶりに「おおっ」となった言葉
 

哲学は、動揺させる学問

 投稿者:のきさる  投稿日:2010年 6月 4日(金)17時02分22秒
  マイケル・サンデル

常識だと思っていることに疑問を抱かせ、理性の不安を目覚めさせる。
ということだそうだ。

自分は、哲学的な問題、のような問題を考えていると
結局「よくわからん」という結論に落ち着く。

答えなんて出やしないんだもの。

しかしそんな自分は「懐疑主義者」と呼ばれる主義者らしい

あしたから名刺に書いとくか
「懐疑主義者」って

マンデルはどうやら「懐疑主義」批判論者らしく
「懐疑主義は理性の休息所だ」という言葉を持ち出し(※1)
「答えなんて出ないのはわかってる。でも、それなのに人間がソクラテスの時代から今に至るまで議論を重ねてきたのは、その問題に直面し続けているからだ」
と言う。

哲学者は、自分の価値観をグラグラにし、人生を捨てるリスクを背負って
答えに向かって議論を続けているのだそうだ。

ソクラテスの友人は、哲学に没頭するソクラテスにこう言ったそうだ
「哲学なんてやめろ。ビジネススクールに通え」

偉大な人物か、ダメ人間か

それを評価するのは後世の人間だ

価値観を揺さぶられるのは楽しいが
自分の人生の方が大事だ

むべなるかな。

哲学とは、そのくらいの付き合い方しかできなそうだ

悔しくなくもない、こともない


(※1)
哲学とは、価値観をグラグラにする学問だから
当然、社会との距離・自分との距離が開いてしまうリスクを負う。
その危うい状態を
「結局答えなんて出ねーよ。意味ねーよ」と、懐疑することによって
回避する、みたいな意味(たぶん)
しかし、この言葉を言った人は
「理性の休息所である。しかし、長くいることはない。」
と続けている。
学者ってのはホンマ変態やで
 

走れメロス

 投稿者:のきさる  投稿日:2010年 5月23日(日)23時45分9秒
  そんでパン買ってこいメロス  

レンタル掲示板
/14