teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:54/64 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

流線型列車の時代

 投稿者:キャセイ  投稿日:2005年 5月 7日(土)17時31分21秒
  通報 編集済
  ぜひ。
http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/4112.html
ものすごい「バケモノ」から「マラード」「パシナ」「20世紀」など。
このなかに表紙のシカゴ・ノース・ウェストの「トウィン・シティー400」も。
シャベル・ノーズ・トップの流線型牽引機で38年(昭和13年)にミネアポリス行き
「トウィン・シティー400」
(二重屋根(ダブル・ルーフ)の旧型客車・デッキ展望車編成)を牽引。
http://www.northeast.railfan.net/images/cnw4008.jpg
http://www.northeast.railfan.net/images/nw.jpg
(こっちはプルマン寝台車らしきものが連結されてるのでUP-SP直通大陸横断特急かもしれません)
しかしたった1年でDLに変更・・・。しかもミルウォーキィの「ハイアワッサ」の
アトランティックの「パクリ」とすら揶揄されたそうです。
緑で美しい機ですが、シカゴ・ノースウェストはDL化と同時に流線型客車に。
(この機関車と同じ流線型客車に出来なかったものか)
この本にはかなり「レア」なのがたくさん載っているのですが、
そのなかでもイラクの「流線型機」が。いたのは知っているんですが、写真は
みたことがありませんでした。
大英帝国の「マラード」ことA4クラスをタンク機にしたイメージで、
イスタンブール(ハイダルパシャ)-アレッポ-バグダッドの「タウルス急行」
の最後のイラク国内区間を牽引。当時イラクは英国よりの国でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:54/64 《前のページ | 次のページ》
/64