teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:63/64 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

はじめまして。

 投稿者:キャセイ  投稿日:2005年 4月10日(日)14時42分49秒
  通報 編集済
  こういうサイトは本当に貴重なので。ためになります。
自分23なのですが戦前に強い興味があります。
とくに租界上海や満州国。
とくに管理人様の「特急あかつき」、朝鮮総督府鉄道局が走らせていた特急列車。
「パシシ」がたSLに独特の流線型をかけ、さらに新型の「3型」軽量客車と、
炭水車の背丈をあわせました。あきらかに満鉄の「あじあ」を模したのですが、
こちらはゆれがひどかったそうです。なお韓国にこの最後尾の展望車が
(釜山-京城-平壌-新義州-安東-奉天-新京(昭和18年ハルピンへ延長))
の「ひかり」の展望一等寝台車とともに保存されています。
表紙にアメリカの列車がでていましたが、銀色の、ロッキーをかけあがるのはたぶん
「カリフォルニア・ゼファー」かと。 http://calzephyr.railfan.net/
(最後尾展望車の一輌前のプルマン寝台車はシカゴで「NYC」か「PRR」のニューヨーク行きに連結しなおされた、「大陸横断寝台車」。1890年代より、長距離優等列車に連結しなおされる「プルマン寝台車」が多数あった。NYCの「コモドア・ヴァンダービルト」にサザン・パシフィックの乗り入れ車が混じっていたり。有名なサンタフェの「スーパー・チーフ」、UPの「チャレンジャー」にも「大陸横断寝台車」が。玄関にある、UPの「シティ・オブ・サンフランシスコ」(かの有名なUPの「M10000」シリーズの1編成だが、プルマン寝台車の連結が多くなり「気動車特急」というより、DL牽引客車列車に近くなっている。http://homepage3.nifty.com/tract/ptrain.htm (プルマンの誕生やバーリントン「ゼファー」、UP「M10000」シリーズの興亡、さらにロス近郊の一大電鉄「太平洋電鉄」も。「ゼファー」とは「そよかぜ」。1930年代当時流線型がはやったが、自動車での草分け的存在だった「リンカーン・ゼファー」がある。アジアでは上海に多く輸出された。)のように先頭部にUP以外の鉄道会社のエンブレムがついているように、いくつかの鉄道会社にまたがる長距離も。

このころ世界的に気動車特急がはやり、鉄道省も「キハ43000」を、満鉄は有名な「ジテ」編成を。さらにナチスドイツでは「フリーゲンデル・ハンブルガー」。
フランスは植民地インドシナのサイゴン~ハノイ~広東に「オート・ライユ」というゴム車輪
使用のミシュラン、ダンロップ製の豪華気動車特急を走行させていました。冷房・ビュッフェ付。
さらにシャム国鉄・バンコクと英領マラヤ鉄道庁をとおりシンガポール英国海峡植民地を結ぶ豪華寝台特急には早々にドイツ製ディーゼル機関車が使用されました。

ミルウォーキーの「オリンピア・ハイアワッサ」
http://www.geocities.com/skytop45/olympian/OlympianHi1.html
(リーフレットをクリックすると、次が出ます。「Skytop」はミルウォーキーから一部が「CN」こと「カナダ国鉄」に売却され、「スーパー・コンチネンタル」で使用)
 
 
》記事一覧表示

新着順:63/64 《前のページ | 次のページ》
/64