teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:60/64 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

激動の時代

 投稿者:キャセイ  投稿日:2005年 4月11日(月)00時16分57秒
  通報 編集済
  http://trainweb.org/web_lurker/WebLurkersDOMEmain/
http://www.trainweb.org/hiawatha/skyopening.html
2段目にその「CoffeeCreek」がのっています。
情けない話ですが当初ミルウォーキーカラーをUPのものと誤解したり。
アメリカの鉄道は利便性や西部開拓のために、システム化され、
欧州や日本の一輌一輌に魂を込めて精密なのを造る、というのより、ダイナミックで力があり、
互換性を持つというものでした。
「カリフォルニア・ゼファー」のオブザベイションは「プライベート・カー」に。
「プライヴェート・カー」はアムトラック、貨物列車に「何マイル何ドル」で併結運転されます。
米国には「AAPRCO」という「プライヴェート・カー」所有者の協会があり、同会の
サイトでそのかっこいい客車(ほとんどはかつての鉄道会社社長専用車「ビジネス・カー」。
社長がこんなのにのってるから経営傾いた、と揶揄された)をみられます。
http://www.aaprco.com/
アムトラックの味気ない「スーパー・ライナー」の最後尾にプルマンのヘビー級展望車が連結されている写真はすばらしいです。またこれら、プライヴェート・カーの車輌をつなぎ機関車を借りて全米を走る「スペシャル・トレイン」の運行も行われています。会報も発売しているようです。
現ジョージ・ブッシュ・ジュニア47代大統領の第一期の選挙遊説のとき、
サンタフェ鉄道のビジネスカー2輌が、借り切ったアムトラックの「ジェネシス」DL牽引のスーパーライナー(むろん、ビジネスカー側は一階部分に貫通路があるタイプ。スーパー・ライナーは当初のころ旧サンタフェの「エル・キャピタン」仕様車にならい、在来客車との併結のため片側が2階、もう一方は1階に貫通路が設定されたスーパー・ライナー車が製作されている)の最後尾に連結されて使われ、走行中も展望デッキ部分にはシークレット・サーヴィスが乗っている写真があります。

「カリフォルニア・ゼファー」はウエスタンパシフィックが始めに脱落、最後はデンバー&リオグランデ鉄道内の運行でした。そしてそののち、一編成メキシコに売却され、「アステカ急行」という観光列車としてドッグノーズの「E3型」が牽引していました。
欧州ではCIWLが有名。
http://perso.wanadoo.fr/roland.arzul/ciwl/index.htm
「オリエント・エクスプレス」、
「フレッシュ・ドール」(カレー-パリ)
「ナイト・フェリー」(ロンドン-ドーバー~(航送)~カレー-パリ)
「エトワール・デュ・ノール」(パリ-ブリュッセル-アムステルダム)
「スュード・エクスプレス」(パリ-マドリード・リスボン)
「ノード・エクスプレス」(パリ-ベルリン、カウナス(リトアニア)リガ(ラトヴィア)
など。このうち、「エトワール・デュ・ノール」「ノード・エクスプレス」の
カッサンドルの手によるポスターは「深夜特急」のカバーにフランスCGTライン
「ノルマンディ」とともに採用されていてご記憶かと。
さてドーバーを航送される「ナイト・フェリー」
http://www.eastbank.btinternet.co.uk/ferry.htm
は深夜にロンドン・ヴィクトリヤを出発、ドーバーを英国国鉄船で航送され、カレーにつき、
パリ、ブリュッセルにむかうものでした。運行開始は1936年。
しかし英国の車輌はヨーロッパ大陸のものにくらべて一回り小さいのでワゴン・リは同社最高級の
「Lxシリーズ」の小型「クラス・F」を建造しました。ですが39年ナチスドイツとの間に
第二次欧州大戦が勃発、ダンケルク港が破壊されて、一端途絶え、戦後復活いたしました。
最後にここを。http://www.chinarailway.jp/index.html
「中国鉄道研究」。掲示板にわたしも参加させてもらってます。
なんとあの釜山と北京を結んでいた急行「大陸」の最後尾の一等展望車「テンィネ2」
(あの「あじあ」の一等展望車「テンィ8」をベースに設計された。中国国内には「テンィ8」も残っている)が2輌ものっていますし、「大陸」の食堂車らしき車輌も。これらは北京の鉄道博物館前の留置線に中華人民共和国最高指導者用「貴賓車」たちとともにとまっているのでいづれ、整備、補修され展示される、といいのですが。博物館に収蔵されている「周恩来総理閣下専用車」ももとは「大陸」の二等寝台車といわれています。
なお朝鮮の新義州と満州国の安東にかかる鴨緑江橋梁は朝鮮側から9つ目のトラスが90度
回転していて、有名でした。ここを「ひかり」「のぞみ」「大陸」「興亜」が行き交ったのです。

「英米連絡船」客船のファンネル・カラー(煙突の塗色。これで各船会社を見分ける。)からすると、停泊中の客船はあの「タイタニック」のホワイト・スター・ラインにみえます。
「タイタニック」にはご存知のとおり、「オリンピック」「ブリタニック」という姉妹船が
いました。アイルランド・ベルファストにて建造。また当時はドイツNDLが始めた「4本煙突」が人気で一生涯いちどの旅になる移民たちのなかには「4本煙突でないといやだ」という人も多く各国客船会社はわざわざ「ダミィ煙突」までのせて「3本、4本煙突船」をしあげました。
「オリンピック」は生涯をまっとうします。「タイタニック」は有名・・・。
3番船の「ジャイガンティック」は「ブリタニック」と名前を変更。しかし第一次大戦中、
病院船勤務についていたときに、ドイツ帝國海軍のUボートに撃沈されました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:60/64 《前のページ | 次のページ》
/64