teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:58/64 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

満鉄・鮮鉄・日本郵船

 投稿者:キャセイ  投稿日:2005年 4月13日(水)14時46分21秒
  通報 編集済
  ここを!
http://www13.plala.or.jp/dk_tabi/annai.html

昭和15年、当時日本郵船・大阪商船のドル箱だった「上海・大連航路」が一本化されて、国策の
「東亞海運㈱」が設定されました。郵船長崎-上海線も組み込まれ「長崎丸」「上海丸」が郵船時
代と同じく運航され、上海側着船も「郵船マートゥ」が変わらず使用されます。
昭和16年12月8日の太平洋戦争開戦時、上海・黄浦江では日本海軍と英海軍砲艦「ペトレル」
の戦闘の後ろで200隻に及ぶ連合国側船舶が日本に接収されています。
このさい、米国ダラー・ライン(1942年カリブ海で同社の「プレジデント・クーリッジ」が連合国
が敷設した機雷にふれて沈没する事故がおきている)の「プレジデント・ハリソン」が上海を強行
脱出してマニラに向かおうとしました。しかし、後ろから「長崎丸」に追尾され、日本海軍に拿捕
されています。のちに「勝鬨丸」として輸送船となり米海軍に「撃沈」。
さらに日本の同盟国ナチスドイツに敗北し、親独政権だったフランスのMMラインの船も日本に接
収されました。
「アラミス」、「ダルタニニャン」「ルコント・ド・リール」「ベルナルダンド・サンピエール」
の4隻。「アラミス」は「帝亜丸」、「ダルタニニャン」が「帝興丸」、「ベルナルダン・ド・サンピエール」が「帝美丸」、「ルコント・ド・リール」が「帝立丸」となります。
またドイツ汽船「シャルンホルスト」「フルダ」「トール」「ウッカーマルク」などが日本に譲渡ないし日本で沈没。「シャルンホルスト」は空母「神鷹」に、「フルダ」は「帝海丸」、
「トール」はドイツ仮装巡洋艦、「ウッカーマルク」はナチス・ドイツから日本に向かった「(英国海軍)封鎖突破船」の生き残り、特に「トール」は途中、英連邦軍・オーストラリアP&Oのタンカー「ナンキン」(南京)を拿捕し「ロイテン」と改名して横浜入港。(インドの英連邦軍向けの缶詰、肉、パイナップルなどの物資を山積み。かつタンカーなので燃料もあったと思われる)しかし、17年(1942)11月30日に「ウッカーマルク」が大爆発をおこし、「トール」「ロイテン」「第三雲海丸」をまきこむ事故になりました。
ほかにオランダからの拿捕船「オプテンノール」(天応丸)、18年のイタリア降伏により、上海で自沈したが、帝国海軍が引き揚げたイタリア客船「コンテ・ヴェルデ」(日本名不明)が「病院船」
として活躍しました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:58/64 《前のページ | 次のページ》
/64